4K60p、ライブ配信機材ショップ:パンダスタジオ公式ショップ


MENU
ホーム > 商品一覧 > Blackmagic Design DaVinci Resolve Micro Panel
ホーム > 商品一覧 > 編集機・グレーディング・テロッパー > Blackmagic Design DaVinci Resolve Micro Panel

Blackmagic Design DaVinci Resolve Micro Panel

販売メーカー:BlackMagic Design

  • 新古

DaVinci Resolve Micro Panel とは

DaVinci Resolve Micro Panelは極めて小型のボディに関わらずプロの機能を備えています。編集とカラーグレーディングを同時進行させるにあたって、キーボードの横にピッタリと納まります。ロケ地におけるグレーディングでのラップトップとの併用も可能!

 

DaVinci Resolve Micro Panel 特徴

DaVinci Resolve Micro Panelは、小型でシンプルながらも可搬性に優れた高品質なパネルです。3つの繊細なトラックボール、および重要なプライマリーカラーコレクションのツールすべてにアクセス可能な12個の精密機械加工のコントロールノブを搭載しています。

 

中央のトラックボールの上部には、LogとOffsetの切り替えを行うキー、およびラップトップでの使用に最適なDaVinci Resolveのフルスクリーンビューアでの表示をコントロールするキーを搭載。右側のキーは、使用頻度の高いグレーディング機能や再生コントロールに素早くアクセスできます。DaVinci Resolve Micro Panelは文字通りにポータブルなパネルを必要とする個人エディターやカラリストに最適です。

 

また、オンセットにおけるルックの作成やカラーと照明の評価でも威力を発揮します。野外中継車で素早く行うグレーディングや教育の場などでも優れた実力を示すパネルです!

 

かつてないスピードとクリエイティブなコントロールを提供する、プロ仕様のハードウェアコントロールパネル

異国や遥か彼方の土地、あるいは世界全体を、舞台セットやハリウッドの映画スタジオに設置されたコンピューターで作成することがありますが、これらのシーンを統合してリアリスティックに見せるためには、多くのパワフルなツールと最高品質のイメージ処理が必要になります。

 

DaVinci Resolveは独立したソフトウェアツールとして使用できますが、ハードウェアコントロールパネルを使えば、かつてないほど早く仕事ができ、クリエイティブな選択の幅も飛躍的に広がります。世界各地の先進のポストプロダクション設備との協力のもと開発されたDaVinci Resolveは、触覚コントロールを使用できる唯一のソリューションで、カラリストはこれを使って、テレビや映画で目にするリアリスティックなイメージを生み出しています!

 

イメージに感情を付加

DaVinci Resolveコントロールパネルは、複数のパラメーターを同時に流れるように手元でコントロールできるので、仕事が一層早くクリエイティブに行えます。ハードウェアコントロールは、自然な手の位置に基づき論理的に配置され、最高品質のマテリアルで作られています。

 

トラックボールは、極めて正確でスムーズに反応し、操作の動きに応じて可変的なコントロールを行うので、微細な調整が行えます。すべてのノブ、ダイヤル、ボタンは、操作する上で最適な抵抗を考慮して特別に設計されているので、正確な微調整が可能。何より、ハードウェアパネルは、リフト、ガンマ、ゲインなどの複数の設定を同時に調整できるので、マウスでの作業を圧倒的に超越するクリエイティブなコントロールができます。

 

DaVinci Resolve Micro Panel 機能

プライマリーコレクションのクリエイティブなコントロール

カラーグレーディングの創造性をレベルアップするために、DaVinci Resolve Micro Panelには専用のプライマリーカラーコレクションのコントロールノブが12個搭載されています。これらは、イメージのルックをスタイリッシュにしたり、正確な「フィルムルック」を作る上での作業が容易に行えるように設計されています。全てのノブは、押すとコントロールをリセットできるようになっているので、新しいスタイルを使って色々と試行錯誤している時に便利です。ノブを押したら、リセットされます!

 

 

Yリフト/Yガンマ/Yゲイン

Yリフト

イメージの暗い部分のコントラストを、Y(輝度)チャンネルのみ調整します。この調整は、サチュレーションを変更せずにブラックポイントを変更するのに非常に役立ちます。

 

Yガンマ

イメージのミッドトーン領域のコントラストを調整。Y(輝度)チャンネルのみ。これにより、ショットに深みと力強さを与えられます。

 

Yゲイン

イメージの明るい領域のコントラストを調整。Y(輝度)チャンネルのみ。ショットのカラーの強度を下げたり、ソフトにできるので柔らかい印象を与えるルックとなります。

 

 

コントラスト/ピボット/ミッドトーンディティール

コントラスト

ブラックを一層暗く、ホワイトを一層明るくしてコントラストを強め、逆の調整でコントラストを弱めます。ダイナミックレンジを向上し、ショットを際立たせます!

 

ピボット

コントラスト調整において、イメージの暗い部分と明るい部分の差を拡大/縮小させる際のトーンの中心を変更します。

 

ミッドトーンディテール

エッジに詳細なディテールが含まれるイメージ領域のコントラストを強めたり、イメージのシャープネス知覚(鮮明度)を下げます。ディテールの少ないイメージ領域ではソフトになり、ディテールの豊富な領域は変更されません。顔の特徴をソフトにするのでクローズアップなどでの使用頻度が高い機能です。

 

 

カラーブースト/シャドウ/ハイライト

カラーブースト

低彩度の領域の彩度を自然な形で持ち上げ、彩度が十分な領域は変更しません。この機能はバイブランス機能とも呼ばれ、イメージの彩度を上げ過ぎずにカラーを加えるのに適しています。

 

シャドウ

シャドウのディテールを選択的に明るく/ 暗くします。この値を上げるとシャドウのディテールが回復しますが、ミッドトーンは変わりません。

 

ハイライト

このパラメーターを下げると、高ダイナミックレンジのメディアで白飛びしてしまったハイライトのディテールを簡単に復元できます。復元したハイライトと未調整のミッドトーンをスムーズにブレンドして、自然な結果を得られます。

 

 

彩度/色相/輝度ミックス

彩度

イメージ全体の彩度を上下させます。高い値ではカラーが強めに表示され、低い値ではカラーが弱めに表示されます。調整はカラーがなくなり、白黒のイメージになるまでの範囲で行えます。

 

色相

カラーホイールの外周でイメージのすべての色相を回転します。デフォルト設定は50で、オリジナルの色相配分を保持します。

 

輝度ミックス

プライマリーパレットのリフト/ガンマ/ゲインのYチャンネル、または連動していない輝度カーブを使用して行ったYRGB調整とYのみ調整のバランスをコントロールします。

 

プロ仕様のトラックボール

トラックボールでRGBバランス調整、リフト、ガンマ、ゲインの調整が可能。それぞれマスターレベルコントロールにも対応しています。

 

発光キー

DaVinci Resolveのコントロールパネルのボタンやキーは選択すると光るので、アクティブなコントロールが簡単に目視できます。全モデルのキーはバックライト付き。暗い照明のスイートでもはっきりとボタンが見えます。

 

スチル保存リファレンス管理

カラリストは、ギャラリーからスチルを取り出して表示し、グレーディングを比較する作業を頻繁に行います。DaVinci Resolve Micro Panelは、専用のキーを搭載しているので、スチルをすぐに保存/呼び出しできます。

 

柔軟な電源オプション

DaVinci Resolve Micro PanelはUSB経由で電源供給でき、プラグアンドプレイで起動して作業を始められます。USB経由で電源供給できるので、ラップトップで使用可能。ラップトップのバッテリーを使うのでオンセットでのグレーディングに理想的です。

 

 

こちらの商品はレンタルもございます
会社名*
お名前*
郵便番号
都道府県
住所*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ内容*
キャプチャ*
 フォームの性質上、確認ページがございません。
内容をもう一度ご確認の上、上のチェックを入れてから、[下記に同意して送信]ボタンを押してください。

Copyright (C) PANDASTUDIO.SHOP All Rights Reserved.
古物商許可番号:東京都公安委員会:第301051805612号